子どもの生活を応援する絵本、読み物

 10連休も過ぎ、園や学校では通常の日々が始まりました。

これからどんなことがあるのか、楽しみであるけど、不安でもあると思います。

 勉強だけでなく、毎日の生活のルールや要領、これからへの心構え、毎日を安全に平和に過ごすための行動の仕方、など、生きるために学んでほしいと思いますが、親が言葉で言っても、わかってくれないこともあります。

 学校でも教えてもらい頭では知っていても、行動に結びつかないこともありますね。

 私たち大人でも、完璧ではありません。

 なので、本を一緒に読んで、共通理解するといいかなと思います。

 最近は、そうした本が本屋さんでも結構あります。少しご紹介します。

小学二年生の女の子が、一年生のために書いた絵本。お姉さんのようにアドバイスをしてくれています。

 シリーズになっているせいかつずかん。楽しいおでかけにするためのルールが、絵でわかりやすいので、親子で読むといいですね。3歳くらいから。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガでわかるよのなかのルール [ 横山浩之(特別支援教育) ]
価格:1543円(税込、送料無料) (2019/5/8時点)

 大人でも忘れがちな常識や心遣いを、かわいいマンガで表現。一見乱暴な子でも、不器用なだけでいい子なんだという捉え方がうれしいです。

 子ども向けの整理整頓の本は結構ありますね。中でも、これが女子っぽかったので、手に取りやすいかなと、家族の女の子(小二)にあげました。私も読んで、自分が片付けなくてはと思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こどもこころの育て方 稲盛和夫新道徳 [ 稲盛和夫 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/5/8時点)

 少し難しい話を絵やマンガやたとえ話でわかりやすく解説してあり、小学低学年でも読みやすいです。自分のためだけでなく人のことも考える、努力して挑戦する、こころの庭を育てる、など、幸せになるために大人にも読んでほしいです。

 子どもの社会生活や、大人になっても大切な、基本的な50のルールがわかりやすく書かれています。親子で一緒に読んで、勉強ばかりでなく、心も育てていきたいですね。

 まだまだたくさんの本がありますので、本屋さんの子どもの本のコーナーで、いろいろ手に取って見てくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です