お子様うどんがお気に入り。

 雨の季節、運動不足なので、モールへお買い物。

 保育園に通い出した孫は、お休みの時も保育園の生活スケジュールに合わせているようです。

 保育園では、9時におやつ、その後散歩など、11時半に昼食、昼寝、3時におやつ、遊び、などの1日の流れの様子・・・。

 なので、11時過ぎにモールに着いたら、まずお食事コーナーへ。

 今日は、mozoイオンモールの「九州 弁天堂」。

 もう子どもも1歳半くらいになると、外食でも自分の分も注文して欲しいころ。

 お子様メニューは嬉しいです。

 でも、食べるのが大好きな孫、自分のお食事が来るまで、じっとしているのは難しいみたい。

 ママは、そんな子のために、家からお弁当箱を持参。

 待っている間に、エプロンをしたり、持参したものを食べたり。

 なので、食事が来る前から、みんなが食べ終わるまで、ずっと食べていました。

 ツルツル〜↓

 今日、食べたのは、お弁当箱の手掴みできるお芋やインゲンやにんじん。(冷凍物だそう)

 そして持参の、離乳食のハヤシルウのようなものに、ママの頼んだ定食のご飯を混ぜたもの。

 頼んだお子様うどんは、汁を切ってお皿に取り分け、手づかみで。

 うどんは「神食」だそうで、手掴みでツルツル食べている間、大人も自分の食事を進めます。

 と言っても、喉につまらせるといけないので、世話を焼きながらです。

 お店で、フードカッターも借りれたので、うどんが長すぎたら短く切ることもできます。

 大人のおかずのお魚も少しいただき、お腹がポンポンになったようです。

 うどんについてきたジュースやゼリーは、ママのお腹に。

 そのあとは、ダイソーや、本屋さんなど、みんなで巡りました。

 子どももたくさん歩いたようで、昼寝の時間がいつもより遅れ、帰りの車の中では熟睡でした。