ゴミに関する図鑑

海洋プラスチックなどの環境汚染の元に、ゴミ問題がありますね。

図書館の、児童書コーナーの図鑑を見てみました。

その時代の治世者には、市民に必要な水の整備を行うことが必要不可欠ですが、毎日を快適に過ごすために、上水だけでなく、下水、そしてゴミの始末に関しても、しっかり舵取りをしていかなくてはならない時代です。

 

自分が快適になれば、自分の前から汚いものがなくなれば、それで済むわけではありません。

きちんとゴミなどを最後まで始末しないと、後からまた自分に悪環境として舞い戻ってきます。

 

最近は、生活が便利になり、世界的に使い捨てのものが多くなり、ゴミもどんどん増えて、もう処分する場所がなくなりそうだということです。

世界のゴミ問題も、自分のこととして考え、解決に向けていかなくてはなりません。

 

こうした図鑑を見ると、子供達の未来をより良いものにしていかなくては・・・と思います。

ゴミについて、何も知らなければ、自分のいる場所から離れたところへポイ捨てしても、なんとも思わないでしょう。

ゴミについて知識を得ると、地球規模で危機が迫っていることに、緊迫感を覚えます。

 

海に捨てるだけでなく、人間が打ち上げた衛星に関するゴミも、宇宙を漂っているということですから、とても不安を覚えます。

それだけでなく、本当に身近な場所がゴミだらけになっている地域、なんとかできないのでしょうか。日本からのゴミもそこには含まれているらしいですし。

最近は、ゴミを減らすためのキャンペーンが、5Rと言われています。

Reduce(リデュース)  必要ないものは買わない、使わない

Reuse (リユース)    使えるものは再使用する

Recylle (リサイクル)    ゴミを資源として再び利用する

Repair (リペア)       壊れても修理して使う

Refuse (リフューズ)     ゴミになるものを拒否する

 

毎日の生活で心がけていきたいですね。

 


シリーズ「ゴミと人類」過去・現在・未来(全3巻セット)―誰もが知っておきたい環境リサイクルについて!


ごみを調べよう (ごみはどこへごみしょりと利用)


ごみのゆくえ (ごみはどこへごみしょりと利用)


3Rでごみが生まれ変わる (ごみはどこへごみしょりと利用)

これからも、またこうした本を紹介しますね。