春日井市市民環境アカデミーのワークショップで、パソコンの分解をしました。

10月4日、今回の春日井市市民環境アカデミーのテーマは、「パソコンの分解からリサイクルを学ぶ」です。

場所は高蔵寺の「グルッポふじとう」です。

 

講師は、パソコンなどOA機器のリサイクルを手がけているシーピーセンター株式会社の、堀 将嘉さんです。

 

まず、3Rのお話から。

Reduce(リデュース)・・・レジ袋をマイバッグに、割り箸をマイ箸にといったゴミを減らすこと

Reuse(リユーズ)・・・・空きビンなど、そのままの形で繰り返して使うこと

Recycle(リサイクル)・・溶かすなどして、もう一度資源として使うこと

パソコンの場合は、まずデータ消去をしてリサイクル作業に入るそうです。

データ消去は、ソフトウエアなどで上書きして消去する方法と、HDDに穴を開けるなどしてデータを読めなく方法とあるそうです。

また磁気などをかけることもあるそうです。

データを消去してから分解、仕分けしてそれぞれのリサイクルをするようです。

ということで、一人一台ずつデータ消去後のパソコンを分解しました。

 

中を開けると・・・

 

いろいろなドライバーを使って分解。不器用ですが、スタッフさんや、周りの人に聞きながらなんとかできました。

そして金属、プラスチック、ケーブルなどと分類しました。

マザーボードやCPU、メモリ、ハードディスクからは、レアメタルや金など取れるそうです。

 

パソコン分解は初体験なので、結構夢中になって楽しかったです。

家にある使っていないパソコンも分解したくなりました・・・。

 

会社のHPを見ると、パソコン分解教室、いろいろ開催していらっしゃるのですね。

親子体験しても楽しいかもですね。

 

さて、会場の「グルッポふじとう」、元は小学校だったのですが、リノベーションして多世代交流施設となっています。

グルッポふじとうのサイト

外観は学校の形が残っていて、中はとてもきれいになっていました。

児童館や図書館などもあるので、また行ってみたいです。