8年前の台風・冠水した道は危険

台風19号大変でしたね。

川の氾濫や堤防の決壊、怖いです。

被災された方々にはお見舞い申し上げます。

 

今回愛知県はそうでもなかったのですが、これはたまたまで、過去何度も大雨で怖い思いをしています。

2011年の9月ごろ。台風15号で大雨となりました。

JR高蔵寺の駅が水没した、あの台風です。

 

www.city.kasugai.lg.jp

台風で大雨、仕事中だったのですが、帰り道、庄内川の橋を渡るので、早く帰りたかったのですが、なかなか帰れず。

でも、庄内川の向こうの、私の家のある春日井市では避難勧告出たということで、やっと、帰れることに。

仕事場の近くから、もう道路が渋滞になっていて、出遅れた感がありました。

「松川橋」という、庄内川にかかる橋を渡るのですが、渋滞でなかなか進みません。

大雨の中、やっと橋にたどり着きましたが、橋の上も渋滞。

橋の下は、水が勢いよく流れ、水面がかなり上の方まで来ていました。

このまま橋が飲み込まれたらどうしよう・・・。

やっと橋を渡りましたが、その後の道が低いところなのか、冠水していました。

まただんだん車が多くなり、水の中をみんな、ノロノロ運転。

横を歩く人の、膝まで水に浸かっていました。

水、だんだん増えていくのか不安。でもどこも渋滞でノロノロ行くしかありません。

車も水に浸かったまま走っているけど、大丈夫かな・・・。

止めるのも怖いです。動かなくなりそう。

雨と水の中ノロノロ動いていくと、前の方の車が次々Uターンしてきます。

なんで?

と思ったら、前方がアンダーパスになっていて、溜まった水の中にトラックのような車がひっくり返っていました・・・。怖い!・・・でも何が起こっていたのか遠くてよくわかりません。

 

その頃はアンダーパスへの警戒心がなかったので、ノロノロ進んでいなかったら、突っ込んで水没したかもしれません。

私もUターンして、道を変え、「地蔵川」という今にも氾濫しそうな川の横をノロノロ通り、やっと広い通りに出てなんとか家にたどり着き、その後、家族を連れて、安全な娘のところへ避難しました。

もう死ぬかもーと、必死でした。

(その頃は台風でも休みづらかったですね。)

 

 

その後そのあたりの公園に、貯水池を作る工事がはじましました。

JRの高架工事が始まり、アンダーパスはなくなりました。

自分の家の近くにもアンダーパスがあるのですが、そこにも警報がつきました。

今、地蔵川と八田川の交差するところでも、排水ポンプ工事がされています。

 

 

この時より以前、2003年にも、東海豪雨があって、その時は小学校に避難しました。

家の近くの八田川も、あふれていたし、庄内川の下流の方では浸水したそうです。

八田川はその後河床工事がありました。

 

 

近年、ますますゲリラ豪雨などが多くなってきているので、水害への対策は大切ですね。

www.city.kasugai.lg.jp

また、台風その日になって水などを買いに行っても無くなっているので、常々、防災用品、食糧など備えておくことが大切と、感じました。

また、暴風が来た時危ないので、植木鉢を減らすことも必要かなと思いました。

↓穏やかな日の庄内川(水分橋から)

参考

土木学会論文集より

平成23年台風15号による春日井市の内水氾濫と 発生起源を考慮した浸水解析の試み